RYOTA YAMADA

Monday, September 5, 2016

My kayak been kept by Deacons

1000633.jpg

From Grayling village

   I am tidying up the kayak and gear which the Deacon family kindly will keep in their shed for next paddling from Grayling village to the Bering Sea.
   Because the kayak can be taken apart and be stuffed into a nylon sack, I can load it into an airplane. However it is highly probable that the kayak will get damaged by a rough handling at an airport. In fact, although that nylon sack is made from a thick nylon fabric, it got damaged and had a lot of hole when I carried the kayak from U.S. to Japan at last time. Therefore, it  has much value that my kayak will be kept by them and I could avoid risks while carrying it back to Japan this time and carrying it to Alaska next time.  

4/September/2016

グレイリング村から

 次回グレイリング村からベーリング海まで漕ぐときのために、ディーコン家の納屋に預かってもらうカヤックと道具を、整理している。
 カヤックは分解してナイロンバックに入れられるので、その大きさと重量の両方に超過料金がかかるものの、飛行機に載せることができる。しかしながらそれはハードケースではないので、空港で乱暴に扱われてカヤックが破損する可能性が大きい。実際、前回アメリカから日本へ運んだ時には、厚いナイロン生地でそのバックは作られているにもかかわらず、あちらこちらに穴が開いていた。なので、預かってもらうことで、いま日本へ持ち帰る時のリスクと、次回にアラスカへ持ってくる時のリスクが回避できる意義はとても大きい。
 また飛行機で運ぶことができないストーブ用のガソリン燃料や、おなじく壊れやすい太陽電池パネルなども、預かってもらえるのはありがたい。

2016/9/4

No comments:

Post a Comment