RYOTA YAMADA

Sunday, August 7, 2016

Huge animal walked by tent side

b70708ea-d975-4d8a-a96b-c481bdc76b31112230135.jpg
Day 67

4:30 AM, I woke up by the sound that a some huge animal walked about. It was doing something just by my tent side. I thought it was a bear or a moose due to a sign of its hugeness. After few minutes, breathing hard through the nose, it entered into the river with a loud splash and then went through by my tent side.
I could not open the zipper of the tent to confirm that figure in order to avoid surprising it and then being attacked.
There was no footprint of it on the pebbly shore. I searched around, found a footprint of hoof 150 feet away and not found a footprint of a bear. It is not a direct evidence but I think it was moose.

Bears all have their own personality. A bear spray is useless to be attacked by bear when I am in a tent. Um, entering alone into Alaska, I need a gun...

Total distance: 1,189 mi

67日目

 午前四時半、何かとてつもなく大きな動物が歩き回る音で目が覚めた。テントのすぐ脇で何かをしている。その気配の大きさからして、熊かムースのどちらかと思えた。しばらく歩き回りながら何かをしたあとで、荒い鼻息をたてながら、川の中にジャバジャバと大きな音をたてて入り、テントの脇をすり抜けていった。
 僕を見つけて驚き、襲撃されては困るので、その姿を確認するためにテントのチャックを開けて外を見ることはできなかった。
 小石の岸なので足跡は残っていない。周囲の痕跡を探したところ、五十メートルほど離れた砂地にひづめの跡があった。熊の足跡はみつからない。直接的な証拠にはならないものの、ムースであったのだろうと思っている。小石の岸を歩く足音はかなり大きかったので、ひづめが石を踏む音だったのかもしれない。
 
 熊にも個性がある。もしテントの中にいるとき熊に襲われたら、ベアスプレーは役立たずだ。パドルにナイフを付けた槍も気休めだ。単独でアラスカに入るには、銃がいるなぁ。

総距離: 1,902キロメートル
manDisplay the current location and the tracking map

No comments:

Post a Comment