RYOTA YAMADA

Monday, May 30, 2016

Way to Bennett

14646619167440.jpg

14646619614052.jpg

14646619348221.jpg

I asked to Emily, Canoe People, an outfitter in Whitehorse, to  drive me and my kayak to  Carcross, although  my destination is Bennett, a historical abandoned town of Yukon Gold Rush where people started their raft trip along the Yukon River, because there is no way to go to there by car.

Jim drove me. We thought that the narrow gauge train might carry me and my kayak from Carcross to Bennett, and visited the visitor information center in Carcross. Jim gave me a big help with complicated exchange of words in English.

They started off their advise.
"Very strong wind always blows through the narrow and long Bennett Lake, and this strong wind makes very heigh wave."
"The sand banks around here are made by that strong wind carrying sand."
"Even local who has a big boat with engine never sails in that strong wind."
"The strong wind suddenly starts to blow and there are only few spots you can pull your kayak up for about 45 kilometer shore."
For several tens minutes, I thought that it should be better to give up to start from Bennett and then alternatively start from here Carcross, because her face was very serious.

Finally I decided that anyway I will go to Bennett if the train can bring me and my kayak, and then will observe carefully the wind of there. I already experienced same situation in the Columbia River Gorge, the starting point of my kayak expedition.

The second issue was my ton of equipment. The train does not run today Monday, are going to run tomorrow Tuesday. I can not carry those to camp ground by hand. I had to ask somebody near train station to keep those in their storage. Ron, Matthew Watson General Store, just in front of the station, accepted it in the nicest way.

And then, Daphne, Carcross Visitor Information Centre, called to the train office instead of me, and reserved it (I think nobody uses the train from Carcross to Bennett to kayak) very kindly.

In here, again, locals are giving me wonderful supports. I deeply thank them.

僕がこのユーコン川下りのスタート地点としたい場所は、ベネットという、ユーコンゴールドラッシュの時代に人々が金鉱へ向かうためユーコン川に沿った筏下りのスタート地点としていた、今では廃墟の町なのだが、車でそこまで行ける道路はなかった。なのでカヌーピープルというアウトドアガイド会社のエミリーに、そこより下流あるカークロスという町までの、カヌーと物資と僕自身の輸送を頼んだ。

ジムが運転して僕を運んだ。道すがら、カークロスからベネットを通ってスカッグウェイまで運行している狭軌の山岳列車が、もしかしたら装備をベネットまで運んでくれるかもしれないと、僕らは話した。

カークロスの観光センターを訪れた。ジムが煩雑な英語でのやりとりを肩代わりしてくれる。観光センターの人達は、僕の計画を聞くと、開口一番アドバイスをしてくれた。
「山に挟まれて細く長いベネット湖はね、常に強風が吹き荒れる場所なのよ。砂が砂漠みたいに貯まっているでしょ。あれはみな強風が山から運んだものなの。その強い風が激しい波を作るのよ。エンジン付きの大きなボートを持っている地元の人間であっても、強風の時は、けっしてキャビンへ移動するために湖へ出ることはないわ。危険な場所なのよ。」
「強風は突然吹き始めるのよ。そして45キロメートルも続く湖岸には、僅かに数カ所しか、避難のために上陸できる場所はないわ。」
あまりにも真剣な顔で彼女らが話すので、会話を続けながら数十分の間、これはベネットからのスタートを諦めて、下流のここカーマックスからスタートするべきかもしれない、と、僕は考え始めていた。

しかしながらも最終的に、もしも観光列車が僕とカヌーを運んでくれるのであれば、とにもかくにもベネットへ向かうことにする。まずは向こうに行って風を慎重に観察するのだ。似たような状況はすでに、遠征を始めたワシントン州のコロンビア渓谷で経験していた。

次なる問題は、列車は、月曜日の今日は運行しておらず、明日の火曜日まで待たなければならないことであった。十個近い防水ザックに詰め込んだ装備とカヤックは、とてもキャンプ場まで歩いて持っていけるものではない。駅の近くに店舗をかまえる誰かに頼んで、倉庫に保管してもらうしかなかった。しかし、まさに駅の正面でマスー・ワトスン・ジェネラル・ストアーを開いているロンが、僕の願いを快く引き受けてくれた。

そして観光センターのダフネが、僕の代わりに鉄道会社のオフィスへ電話をして、僕と荷物を運ぶことができることの確認と、切符輸送の手配をしてくれた。

ここでもまた地元の人々が僕を手助けしてくれている。感謝が絶えない。

No comments:

Post a Comment