RYOTA YAMADA

Friday, December 30, 2016

Bennett Lake, 360° VR, Solo Kayak Yukon River Source to Bering Sea

It is a 360 degree movie taken at Bennett Lake. By clicking and dragging inside the video, you can swing your view around to any angle you'd like. It was filmed on Solo Kayak Yukon River Source to Bering Sea at Google Maps .

It was so quiet and peaceful morning, and I could hear a something like a sound of insects. The temperature in the morning dropped to around 40 degree Fahrenheit.

ベネット湖で撮影した360°動画です。ビデオの上でマウスをクリックしドラッグすると、視点を振ってあなたの見たい方向が見られます。単独カヤックユーコン川源流・ベーリング海で撮影した映像です。場所は Google Maps です。

とても静かで平和な朝で、何か虫の声のような音が響いていました。朝方の気温は五度ぐらいにまで下がっていました。


Friday, December 23, 2016

Re-editing short clip of Solo Kayak 1700 Miles in Alaska

Getting a permission to upload the whole music to YouTube from Kaito Ikeda, I have uploaded a re-editing short clip of Solo Kayak 1700 Miles in Alaska.
The music is Passion, Composer: Kanato Izima from Pitre Strings. You can purchase the CD from Amazon, https://www.amazon.co.jp/%E9%99%BD%E3%81%A0%E3…/…/B01G7L2H88 or TOWER RECORDS http://tower.jp/artist/2514261 .

池田開渡さんから曲全体をYouTubeに投稿する許可をいただいたので、編集し直したアラスカ2700キロカヤック単独行のショートクリップをアップします。
曲はパッションで、作曲:飯島奏人、演奏:ピトレ弦楽奏団。CDがタワーレコード http://tower.jp/artist/2514261 やアマゾン https://www.amazon.co.jp/%E9%99%BD%E3%81%A0%E3…/…/B01G7L2H88 で買えます。

Saturday, December 10, 2016

The short clip of SOLO KAYAK ALASKA 1700 MILES

今年の夏におこなったアラスカ単独カヤック2700キロのショートクリップです。
映像と写真を交えた講演を依頼される方は ryota@ryotayamada.com までご連絡下さい。

The short clip of SOLO KAYAK ALASKA 1700 MILES in this summer.
Please let me know if you want to request me to speak with movies and pictures.

Saturday, October 22, 2016

所沢ビール

 明日、スポンサーの所沢ビールが、埼玉スーパーアリーナ・けやきひろばで開かれる「肉パ2016さいたま ハロウィンSpecial!」 https://29ers.jp/ に出店するとのことで、販売応援に行ってきます。お時間あったら一杯飲みにどうぞ!

Tomorrow, I will support my sponsor, TOKOROZAWA BEER, in their event in Japan.

Wednesday, October 19, 2016

業の肯定

 立川談志は「落語とは人間の業の肯定である」と言ったそうだが、原野で生きるということも人間の業を受け入れるということだ。
 日本人ならば何を言わんとしているのか分かってもらえるだろうが、アメリカやカナダの文化が異なる友人に対してどのように英語で伝えればよいのか、ものを知らぬのでとんと分からぬ。どうしたものだろうか、教えてもらいたい。

Tuesday, October 18, 2016

Nature of human

I have flown to Tokyo. This is also a nature, the nature of human.
ただいま。五ヶ月ぶりの東京。ここもまた人間の自然。

Saturday, October 15, 2016

Captain Mario

I am staying with him, captain Mario Winkelman. Life was easy when I padded in wilderness...

Wednesday, October 12, 2016

Wisdom

   Many people are asking me that "so, what did you learn from paddling in the wilderness by yourself?". I tried writing it in here few times, but I didn't, because it did not become simple and clear to read easily in SMS.
   Writing only the conclusion, I learned that humankind needs wisdom. It is wisdom beyond courage and positiveness.

 三ヶ月間一人原野を漕いで何を学んだ?ってよく聞かれる。何度かここへ書こうとはしたけれど、SNSで読みやすいような単純明快な文にはならなかったので、捨てていた。
 結論だけ書いてしまうと、人間にはウィズダムが必要だ、ということを学んだ。知恵だとしっくりこないのでウィズダムと書いている。勇気やポジティブの先にあるウィズダム。
 

Sunday, October 9, 2016

Animal rich forest

Now I am staying with Mario Winkelman at Montesano, Washington.
   I went to the property of his son, Brandon and stepped in the forest with him where some 15 - 20 black bears one of which was taken in a picture by a game camera just yesterday, bobcats, cougars, coyotes and deers were also taken by the game cameras. It is animal rich forest.

 ワシントン州のモンテサーノにあるマリオの家に滞在している。
 彼の息子ブライスは森をもっているが、実に沢山の動物が生息している。15〜20 匹の黒クマがいると思われ、そのうちの1匹は昨日監視カメラに撮られたばかりだ。クマのほかに、ポブキャット、クーガー、コヨーテ、鹿などが写真に写っている。ブライスと二人でその森に入った。

Saturday, October 8, 2016

Walking around Bonneville Dam

I walked around Bonneville Dam for 7 miles in rain and rich green , and finished all walking missions around McNary, Jon Day, Dalles and Bonneville Dam along the Columbia River with a support from Matt Watkins.

雨と豊かな緑の中、7 キロ歩いてボネビルダムを越えた。これでコロンビアに沿ったすべてのダム越えルート、マクナリー、ジョンデイ、ダラス、そしてボネビルダムを、マットのサポートを得ながら終了した。

Friday, October 7, 2016

Mayors

I introduced Matt Watkins, Mayor of Pasco and Arlene Burns, Mayor of Mosier to each other. I believe the relationship between Mayors makes a good society.

All of Mayors in the world, please keep your opinions, please accept other's opinions to cultivate wisdom,, please establish United Nation of Planet with wisdom.

パスコ市長のマットとモイサー市長のアイリーンを引き合わせた。市長同士の繋がりが社会をより良いものにすると信じている。

世界中の市長さん。どうか自分の意見を大切にしてください。どうか知恵を育てるために他の意見を受け入れてください。どうか知恵をもって地球を一つの緩やかな国に纏めてください。

Thursday, October 6, 2016

Phil

I was with Phil Cathey in his yacht, who is sailer, knowing the Colombia River very well, and taught me about it, before when I started down the river.

フィリップと彼のヨットで再会。彼はヨット乗りでコロンビア川のことを熟知しており、僕が川を下り始める前に川のことを色々と教えてくれた。日本に住んでいると想像がつかないが、コロンビア川の中流にあるケネウィック市のヨットハーバーに彼はヨットを繋いでいて、そこから四つのダムを通過して海まで航行できるのだ。

Arlene Burns

I stayed and have good days with Arlene Burns for two nights. I so love to talk about the nature with her. She is also Mayor of Mosier.

アイリーンの家に二泊。彼女と自然の中を旅する話をするのがとても好きだ。彼女はまたモイサーの市長でもある。

Wednesday, October 5, 2016

16 hours walking

I finished 16 hours walking around Dalles Dam from 6am to 10pm. The 30 miles is my best record of walking distance a day. It was almost rain, not good condition, but I could enjoy the old town of The Dallas and HISTORIC ROUTE US30.

朝の6時から夜の10時にかけて、ダラスダムを迂回するルートを16時間かけて歩き終えた。あいにくほぼ雨の天候だったが、それでもダラスの古い町並みや、ヒストリックルートを楽しめた。1日50キロの歩行は自己最高記録だ。

Walking around Dalles Dam

I am walking along the Columbia River on the path which detours around the Dalles Dam for 30 miles. It will be a big day. Thanks Arlene Burns to stay, Matt Watkins to lent a motorcycle, and Douglas Deacon to give shoes.

コロンビア川に沿って、ダラスダムを迂回するコースを歩いている。50キロにもなるので、今日は長い長い1日になるだろう。

Tuesday, October 4, 2016

Driving motorcycle

I am driving a Husqvarna of Matt Watkins along the Colombia River for 160 miles to visit Arlene Burns.

アイリーンを訪ねるため、マットのハスクバーナでコロンビア川沿いを260キロ走っている。

Monday, October 3, 2016

Gerlach Festival

I Joined a festival of motorcycle guys, Iron Butt Association at Gerlach, Nevada. I rode as a guest with Tom And Jan taking part in a rally, and ran in Black Rock Desert. It was a wild wild west.

ネバタのガーラックで開かれたライダーのフェスティバルに参加した。ラリーにゲストとして同乗しブラックロック砂漠を走る。荒野、荒野、そして荒野が広がっていた。

Thursday, September 29, 2016

Walking around McNary Dam and John Day Dam

I walked 15 miles around McNary Dam and John Day Dam on the Colombia River to filling up the blank paths which I used car to carry the kayak for detouring dams, because my rule is to do by only kayak and walk. Kennewick Man did not have wheels.

空白の区間を埋めるため、コロンビア川のマクナリー・ダムとジョンデイ・ダムの周りを24キロ歩いた。カヤックはダムを通過できないため、車を使ってカヤックを運んだ区間だ。僕のルールはカヤックと歩きだけなので、通過したことにはなっていなかった。ケネウィックマンは車輪を持っていなかったからだ。

Wednesday, September 28, 2016

Walking along Columbia River

I walked 6 miles along the Columbia River. When I paddled this river, for making a detour around McNary Dam, I carried my kayak by car with the help of local person, Paul Robinson. However it breaks my rule, "never use any engine". So, I walked today for filling that blank section.

 コロンビア川に沿って10キロ歩いた。この川をカヤックで下ったとき、マクナリーダムを迂回するため、地元民のポールの手助けでカヤックを車で運んだ。しかしエンジンを使うのは僕のルールに反するので、空白となっていたその区間を埋めるために今日歩いたのだ。

LIGO

I visited another one of the historically important facilities of Tri-Cities, LIGO. They recently ran the world's first detection of the gravity wave. Unfortunately it was not a day of observatory public tour, but I could ask scientists questions in clerk's discretion.

 トライシティーにあるもう一つの歴史的に重要な施設である、先日世界で初めて重力波を観測したLIGOを訪れた。あいにく月二回のツアー日には重ならなかったが、窓口の計らいで科学者に直接質問する機会を貰えた。
 アインシュタインが導いた重力波を観測できたことは人類の偉大なる業績だ。そして核エネルギーはたとえ人類が百回生まれ変わっても、たとえよその星の知的生命体であっても必ず発見するだろう物理現象なのだから、プルトニウムを生産したB-Reactorも奥深く考えるべき歴史的にとても重要な遺産だ。

Tuesday, September 27, 2016

B-Reactor

I joined the tour of B-Reactor, one of the historically important facilities of Tri-Cities. It was the world's first production plant of plutonium, which was used to the nuclear bomb dropped at Nagasaki, Japan.

Bリアクターのツアーに参加した。トライシティーにある歴史的に重要な施設のひとつであり、世界で初めてのプルトニウム生産工場である。長崎に落とされたプルトニウム型原子爆弾に使われた。

Monday, September 26, 2016

Pasco City Council

I visited Pasco City Council. I very respect Matt as Mr. Mayor.

パスコ市議会を拝聴してきた。市長として活躍するマットには尊敬させられる。

I am in Pasco, Washington

   I'm in Pasco, Washington.
   Riding Matt's nice motorcycle, Husqvarna TR650.

 今ワシントン州パスコだ。
 マットがHusqvarna TR650を貸してくれたので乗っている。

Sunday, September 25, 2016

Matt's family

   I was in Whidbey Island, Washington and stayed with Matt's family! I once paddled in the sea in front of the house.
   We picked blackberry and Matt made pies. It was so delicious with wild flavor.

 ワシントン州のウィッビー島にあるマットの家族のキャビンに滞在していた。キャビンの前に広がる海を、かつてカヤックで漕いだことがある。
 ブラックベリーを摘み、彼がパイを作ったが、野生の風味が豊かでとても美味かった!

Friday, September 23, 2016

Frying Grayling to Aniak

1015566.jpg

I am frying from Grayling to Aniak. Impenetrable wetlands are stretching out.

グレイリングからアニアックへ飛んでいる。踏み込めない湿地帯が広がっている。

Thursday, September 22, 2016

One moose leg

1000796.jpg

From Grayling village

   I walked a dark road to the house, pulled the door, entered into the gloomy entrance, and then was very surprised at one huge leg protruding in front of my nose.
   It is the one leg of a moose.
   Villagers share the games they hunted to the respectable elderly.

21/September/2016

グレイリング村から

 暗い夜道を歩いて家に帰り、扉を引いて薄暗い玄関に入ったら、巨大な足が一本ぬっと目の前に突き出ていて、とてもビックリした。
 ムースの足一本。
 村人は捕った獲物を尊敬すべきお年寄りに分けているのだ。

2016/9/21

Chopping wood

1000781.jpg

From Grayling village

   Temperature is decreasing quickly, and we are making a fire in the wood stove night and day. I have gotten a new job of chopping wood for the stove.

21/September/2016

グレイリング村から

 温度はぐんぐんと下がっていて、昼夜問わず薪ストーブを焚いている。燃料が必要だ。斧で薪割りをした。

2016/9/21

Wednesday, September 21, 2016

Smoke house

1000791.jpg

From Grayling villabge

   Strips of salmon hanged in Edna's smoke house. It is a very important traditional food for village.
   I very love the half dry, two days dried, salmon. Once I have started to eat it, I can not stop eating.
   They say that Grayling is the best place, not so far and not so close from the ocean, to fish salmons which have delicious plenty fat. Actually it is so delicious.

21/September/2016 

グレイリング村から

 エドナの燻製小屋に吊されたサーモンのストリップ。
 村人にとって欠かすことのできない伝統的な食料だ。キングサーモンやシルバーサーモンを、食塩と、各個人で異なる秘伝のレシピが追加された液に浸したのち、スモークされる。エドナは柳で燻製する。
 僕は二日ほど干された半生の燻製が大好きだ。世の中でこれほどうまいものがあるのかと思うほどで、思い出しただけで唾が出てくる。
 遡上中の鮭は餌を食べない。グレイリングは海からの距離が近すぎず遠すぎずもっとも理想的な場所らしく、美味しい脂がのった一番良い鮭が穫れる場所とのことだ。じっさい上流の村々で食べた鮭よりも美味しく感じる。

2016/9/21

Tuesday, September 20, 2016

Acceptance

   I was thinking and I was feeling during, and I have learned it from my expeditions among great natures and lovely peoples that "the acceptance is stronger than the power" in all senses.

   What will happen if someone will insist that in the election?

 最初に英語で書き、そののち日本語で書き始めたが、言葉を選ぶのが難しい。
 奥深い自然の中、そして愛すべき人々の中を旅し、学びつつあること。
 受容。間違ってはいないが、日本の文化の中で育った僕らは、それよりもっと深い意味を感じとる。
 他者を受容する。他者の文化を受容する。我をも受容する。受容し手放す。
 全ての人々がその心を持ったとき、世界から争いがなくなるだろう。
 それは努力よりも強い。目標をたてて頑張るのも間違ってはいないが、その限界を越えるだろう。
「幸せ」という言葉の実体が見つからず時代の狭間にさ迷う心が、秋の丘に腰を落ち着けるだろう。

Saturday, September 17, 2016

Edna's house

1000773.jpg

From Grayling village

   This is Edna's house I am staying with. Her late husband built this log house at the late 1960s, after the whole Holikachuk village had moved to new field where now Grayling village lies on.
   A wood stove is installed at the center of a living room.

17/September/2016

グレイリング村から

 僕が泊めてもらっているエドナの家だ。ホウルケチャックトゥ村全体が現在グレイリングがある土地へ移住したのち、彼女の亡くなった夫が1960年後半に建てたログハウスである。
 居間の真ん中に薪ストーブが据え付けられている。

2016/9/17

Friday, September 16, 2016

Radio

1000766.jpg

From Grayling village

   Edna has a radio installed above a kitchen. Not only her house but other houses also have it.
   It is a general calling to tell that the only grocery store in the village will open. It is a general calling to tell that a school will have a explanatory meeting for parents and they want people to come. It is communications when a mail airplane takes off and lands. It is ordinary communications with a handy radio being carried by a villager going hunting, is a rescue request when a villager can not back to home because his snowmobile breaks down or etc. It is communications reaching from neighboring villages to which we can go by only a boat or a snowmobile. It is not a general calling but a conversation between individuals. Et cetera.
   A telephone is merely a connection between individuals, but a radio connects plural peoples simultaneously. It leads a sense of unity which is as if whole villagers live together under one roof. Especially it may give a peace of mind to elderlies who need a effort to walk in a cold winter which becomes -40 Fahrenheit degrees occasionally.

16/September/2016

グレイリング村から

 エドナの家では、流し台の上に無線機が取り付けられている。彼女だけではない、他の家にも無線機がある。
 村に唯一の雑貨屋が今日は何時から開くとの一斉通知。学校が今年度の説明会を開くから集まって欲しいとの一斉通知。郵便飛行機が離着陸時におこなう通信。狩りに出かけた村人が持つ携帯無線機との通常連絡や、スノーモービルが故障して帰れないから助けに来てくれなどの緊急連絡。ボートかスノーモービルだけでしか行き交うことのできない近隣の村から流れてくる通信。一斉放送ならぬ個人間の用事。その他もろもろ。
 電話はあくまで個人対個人の繋がりだ。しかし無線機は複数の人間を同時に繋ぐ。村人全員が一つの長屋に暮らしているような、暖かくて柔らかいが強いない一体感を生み出しているのだろう。ことさらに、冬はときにマイナス40度にもなるこの村で、出歩くのが辛くなるお年寄りにとっては、安らぎを与えてくれるものとなろう。
 携帯電話に取って代わられてしまった無線機だが、携帯電話にはないこのような作用があろうとは。

2016/9/16
 

Sunday, September 11, 2016

Blueberry picking

1000738.jpg

From Grayling village

   We went up a hill behind Grayling to an altitude of 1,500 - 2,000 feet or so. Spruce and birch ended at the such low place already and we crossed the tree line. Although I have not experienced the cold of Alaska yet, I recognized it anew that here is the northernmost place Alaska. 

   Only bushes and mosses covered the hill. Deep purple and black blueberries, deep red cranberries, orange leaves of autumn, green leaves, and pure white moss. The hill was covered with an abundance of the colors.

   The air was clear. The refreshing fragrance like of spruce sap flowed in a limpid air. I had never had such delicious air. 

   I picked a handful of blueberries, removed thin stems and tossed those into my mouth. It was sweet and tart taste of the wild.

10/September/2016

グレイリング村から

 ジャスティンの運転する四輪駆動バギーの後ろに座って、丘に刻まれた傾斜が30度もあるトレイルを登った。林道のようにブルドーザーで整地された道ではなく、ただ繰り返しバギーが走って出来ただけの、凹凸だらけの踏み跡なので、まるで暴れ馬に乗っているようにバギーが激しく揺れた。バーをしっかりと掴むだけでなく、揺れにあわせて上半身を巧みに動かさないと、振り落とされそうになる。もう一台のバギーの後ろにはエドナが乗っているのだが、ひ孫までいるエドナが悠々と乗っているのには驚いた。
 標高五六百メートルほどまで登ったのだろうか。そんなに低い場所からもうすでにトウヒと白樺の森が途切れ、森林限界を越えた。まだ冬の寒さを体験してはいないのに、なるほど、ここは最北の地アラスカなのだと再認識する。あとわずかに北へ行けば、とうとう森林限界が海抜ゼロメートルにまで下がって、森のない世界が広がっているのだろう。
 視界は開け、連なる丘が眼前に広がった。振り返ればユーコン川とグレイリング村が見下ろせる。ユーコン川を挟んだ向こう岸には、深い森に覆われた広大な平野が広がっていた。川からは見ることのなかったアラスカの眺めに、あらためて深く感動した。
 地面に這う灌木と苔類だけが、なだらかな丘に広がっていた。ブルーベリーが濃い紫の実をつけ、クランベリーベリーが真っ赤な実をつけていた。レースを立体に編んだような、真っ白で堅い苔が珍しい。オレンジ色に紅葉した葉、緑の葉、紫や黒のブルーベリー、真っ赤なクランベリー、純白の苔。秋の丘は彩りにあふれていた。
 空気が澄んでいた。トウヒの樹液に似た爽やかな香りが流れていた。こんなにも清涼な空気を吸ったのは、生まれて初めてのことだった。大気とはこんなにも美味しくなるものなのか。
 ブルーベリーの実を片方の掌が一杯になるまで集め、細い軸を取り除き、口の中に放り込む。甘くて酸っぱい野生の味がした。移動しながら次から次へと集めては食べたが、いっこう食べることを止めることが出来ない。まるで俺は夢中になって食べている熊のようだなと思った。皆は小さなバケツにせっせと集めているようだが、僕はしばらくのあいだ収穫はそっちのけで、ひたすらうまいうまいと食べ続けていた。

2016/9/10

Friday, September 9, 2016

Four wheel buggy

1000695.jpg

From Grayling village

   This village does not have any road connecting with the outside world. Therefore there is no necessary to what we called car except carrying heavy load. The village people are using a four wheel buggy for moving within the village. Everybody from children to elderly are using it. To learn to drive it is easy with a semi-automatic transmission and a four-wheel drive for a mud. They use it not only for moving themselves but use it to trail a small trailer and a boat trailer.

8/September/2016

グレイリング村から

 村は外界と道路では繋がっていない。だから大型の荷物を運ぶ以外には、いわゆる車というものを必要としない。村人は村内の移動に、四輪バギーを使っている。ホンダ製をよく見かけるが、もちろん日本では見たことがない。子供からお年寄りまで皆使っている。セミオートマチックのギアがついていて、ぬかるみを走れる四輪駆動であり、運転を覚えるのは楽だ。たんなる移動だけではなく、リアカーほどに小さなトレーラーを引いたり、ボート用のトレーラーを引いたりもしている。

2016/9/8

Thursday, September 8, 2016

Sharing

1000660.jpg

From Grayling village

   A child brought a liver of moose hunted by a somebody of village to Edna's house. Because it was in a large ziplock bag, I thought Edna was given a whole liver at first, but it shared out among all villagers. I can not image how huge the liver was, and how huge the moose was.
   We ate a steak of this fresh liver. It was very delicious. I am not sure of the reason why it is so delicious, because it is fresh, or because it is wild, or because it is moose, or because it satisfies all of those.
   In the village, whoever gets salmon or moose, everybody help to process it and it is shared with everybody, from generation to generation. Probably, this custom is with a belief "we will share things with everyone that mother nature has shared with us". And also, to a visitor from other villages, and to me from other country. Probably, it is not "I will give my things to other that I got in my property".    

7/September/2016

グレイリング村から

 昨日の夕方に村の誰かが狩ったムースのレバーを、子供がエドナの家に持ってきた。生のレバーは大きなジップロックに入れられていたので、まるごと一匹分がエドナに分け与えられたのかと思ったが、どうやら違うらしい。各家に分け与えられたのだという。いったいどれだけ大きなレバーだったのか。そしてどれだけ大きなムースだったのか。もう想像するのが難しい。
 この新鮮なレバーを、まるでステーキの用に大きく切り分けて、小麦粉をまぶしてフライパンで焼いて食べたが、すこぶる美味しい。新鮮だからなのか、野性だからなのか、ムースだからなのか、それともそれらすべてが満たされる必要があるのか、とにかくほぼレバーだけで腹を満たすほどに食べても、まったくいやにはならない。じつに驚いた。
 村では、誰が鮭やムースを穫ってきたにせよ、皆で処理を手伝い、皆に分け与えられる。先祖代々そうしてきた。大地から分け与えられた物は、やはり皆に分け与えるのだろう。そして村人だけでなく、よその村からきた旅人にも。よその国からきた僕にも。私の土地で穫れた私の物を他人に譲ってあげる、のではないのだろう。

2016/9/7

Wednesday, September 7, 2016

Language of first nation's

1000651.jpg

From Grayling village

   Edna has eight dogs.
   She speaks to only a hairy and white dog by their own language, first nation's language, since it was a puppy. Therefore, the dog can not understand the word when children call it as "come on". The dog comes close to only when she calls it as "on". The dog is one of successores, only a few in the village now, to the their own language.

6/September/2016  

グレイリング村から

 エドナは八匹の犬を飼っている。
 白くて毛むくじゃらな一匹にだけ、エドナは彼女たちの言葉、先住民の言葉で、子犬のときから話しかけている。だからこの村の子供達が「カモン」と呼んでも、犬には理解できない。彼女が「オン」と呼びかけたときにだけ近寄ってくる。彼らの言葉の、いまやほんのわずかな後継者のうちの、一匹だ。

 餌は、魚の頭や中骨などを、一日に一回、晩に与えている。鮭を燻製や瓶詰めにして、長い冬のために蓄えているのだが、頭や中骨など人間が食べない部分は、屋根の下に釣り下げ乾燥させて、犬の餌として蓄えている。
 エドナの家は村の端に建っているので、庭はアラスカの深い森に繋がっている。そしてここは熊の国である。犬達は熊が入ってきたことを教えてくれると、彼女は言う。
 また彼女は昔、女子犬ぞりレースにも参加していて、一位二位を争っていた。凍結した川の中島をぐるりと一周する。中島といってもここはユーコン川の下流域なので、一周すれば20キロメートルほどにもなる大きな島だ。
 散歩には連れて行かない。鎖で庭に繋いだままだ。日本の常識だと「可哀想に」となるが、ユーコン川沿いの村々では普通であるように見える。じっさい、犬ぞり用に20匹近くの犬を飼っている人が、どのように毎日散歩をさせることができるのか、想像ができない。犬達を見てもとくにストレスを抱えている様子ではない。先祖代々何千年と続いてきた、たんなる愛玩動物ではない、犬と人との間の自然な営みなのかもしれない。

2016/9/6

Tuesday, September 6, 2016

My picture paddling kayak

P1020952.JPG

It is me, taken at upstream of Dowson, Yukon, Canada by Rolf.

カナダ・ユーコン準州・ドーソンで撮られた僕の写真です。

Monday, September 5, 2016

My kayak been kept by Deacons

1000633.jpg

From Grayling village

   I am tidying up the kayak and gear which the Deacon family kindly will keep in their shed for next paddling from Grayling village to the Bering Sea.
   Because the kayak can be taken apart and be stuffed into a nylon sack, I can load it into an airplane. However it is highly probable that the kayak will get damaged by a rough handling at an airport. In fact, although that nylon sack is made from a thick nylon fabric, it got damaged and had a lot of hole when I carried the kayak from U.S. to Japan at last time. Therefore, it  has much value that my kayak will be kept by them and I could avoid risks while carrying it back to Japan this time and carrying it to Alaska next time.  

4/September/2016

グレイリング村から

 次回グレイリング村からベーリング海まで漕ぐときのために、ディーコン家の納屋に預かってもらうカヤックと道具を、整理している。
 カヤックは分解してナイロンバックに入れられるので、その大きさと重量の両方に超過料金がかかるものの、飛行機に載せることができる。しかしながらそれはハードケースではないので、空港で乱暴に扱われてカヤックが破損する可能性が大きい。実際、前回アメリカから日本へ運んだ時には、厚いナイロン生地でそのバックは作られているにもかかわらず、あちらこちらに穴が開いていた。なので、預かってもらうことで、いま日本へ持ち帰る時のリスクと、次回にアラスカへ持ってくる時のリスクが回避できる意義はとても大きい。
 また飛行機で運ぶことができないストーブ用のガソリン燃料や、おなじく壊れやすい太陽電池パネルなども、預かってもらえるのはありがたい。

2016/9/4

Saturday, September 3, 2016

Important key to coming world

1000586.jpg

From Grayling village

   Grayling is a small village of the first nation. Its population is only 174, and there is no road connecting to the outside. A visitor to this village, where is not a tourist resort, is rare. So, I am a total stranger coming by kayak suddenly.
   Douglas came to me and offered me, like that, a room. Edna,Douglas and David have welcomed me into their Deacon's house.
   Now I have a bed and a room, and they are feeding me.
   Moreover, they will keep my kayak and gear until I will back here to paddle from this village to the Bering Sea as the next leg at next season, kindly.
   What a warm heart to other people, which exceeds a mere kindness, they have. It should something an important key to the coming world.

2/September/2016

グレイリング村から

 グレイリングは先住民の小さな村だ。人口は僅か174人で、外部と繋がる道路はない。未舗装の滑走路に離着陸する小型の航空機が、主要な玄関口だ。観光地でもないこの村を訪ねるものは少ない。僕は不意にカヤックで現れた、まったくのよそ者なのである。
 川岸にテントを張っていたそんな僕に、空き部屋があるから泊まってもいいよと声をかけてくれ、エドナ、ダグラス、ディビッドのディーコン一家は僕を迎え入れてくれた。
 ベッドがあり、部屋があり、食事も頂いている。
 そして、次のシーズンにこの村からベーリング海までの続きを漕ぐまで、カヤックと道具を預かってもらえる。
 なんということなのだろう。たんなる親切心を越えた、他者を手厚く迎え入れる心は。変わり続けている社会に必要な鍵が、ここにある気がする。

2016/9/2

Friday, September 2, 2016

Grayling

received_1192728400793141.jpeg

 From Grayling village

   At the same creek at the same bridge where I had fished 27 inches silver salmon, this time I fished a 21 inches grayling that I have never seen such a surprisingly big grayling as. In Canada I had been not satisfied to eat without two grayling per one meal, but it was too big to eat for one meal and I had to divide it into two meals. Further it was more delicious.
   Grayling, the name of this village, is originated in this grayling at this creek.
   What an abundant ecosystem Grayling village has. Being able to catch plenty of and a lot of various fishes, it is evidence that the whole ecosystem is plenty. 

1/September/2016

グレイリング村から

 昨日66センチメートルのシルバーサーモンを釣ったのと同じ小川、同じ橋で、今度は今までに見たことのない大きさの、52センチメートルもあるグレイリングが釣れた。カナダを漕いでいた頃にグレイリングを何匹も釣り食べていたのだが、一食に二匹ほど食べないと満たされていなかった。しかしこいつはあまりにも大きくて、二食分に分けないと食べきれない。味も今までに食べたものに増して美味い。

 グレイリングという村の名前は、この小川で穫れるこのグレイリングに由来している。 

 なんとグレイリングの生態系の豊かなことよ。多種多様な魚が数多く穫れるということは、生態系全体が豊かな証拠だ。

2016/9/1

Thursday, September 1, 2016

Silver salmon

IMG_20160901_130325_546.jpg

From Grayling village

   I went to the creek at the edge of the village, which flows into the Yukon River, with Douglas.
   At first I fished a silver salmon. And then, a grayling and a humpback whitefish.
   Without a tug for some time, I changed a spinner from an orange one to a green one. After several casting, I got a very strong tug on the line. A pink body danced on the water surface. I dragged it up on the shore by force.
   It was a 27 inches silver salmon, and it was the biggest fish I have caught in my life.

31/Aug/2016

グレイリング村から

 ダグラスが運転するバギーの荷台に腰掛けて、土煙を上げながら彼方此方が窪んでいる村の道を走り、村はずれにあるユーコン川へと流れ込む小川に架かった橋へ釣りに出かけた。
 オレンジ色のスピナーを投げ込み、まずシルバーサーモンがかかる。そしてグレイリングとハンプバックホワイトフィッシュを釣り上げた。この川は様々な種類の魚が釣れる豊かな場所で、そのほかにもノーザンパイクやキングサーモンが釣れる。
 太陽光が深く斜めに射すようになってきた。深緑色だがシルトで濁ってはおらず数十センチは見通せる川面に、橋の陰が長くかかる。しばらくあたりがないので、緑色のスピナーに換えてみる。5~6回ほどキャストすると、グググっと今までにない強さで竿が引かれた。ピンク色の体が水面に舞った。大きなサーモンだった。
 サーモンの口は堅くて釣り針が深く刺さらないようで、サーモンが逃れようと川を泳ぎ回っている間にルアーが口から外れてしまったことがある。こんどは同じ失敗を返したくない。釣り糸のテンションが緩まって針が外れないように、リールを巻き続け、そして岸に向かって歩き続け、一気に、力任せに岸へ引っ張り上げようとした。とても竿が重い。釣り上げなくても今までになく大きな魚だとわかる。どうにか岸に引っ張り上げると、さらに用心して、ルアーが外れて暴れた魚が川に跳ね戻らないよう、さらに岸の上を引きずりあげる。
 66センチメートルのピンク色を帯びたシルバーサーモン、人生で一番大きな魚を釣り上げた。

2016/8/31

Wednesday, August 31, 2016

Aurora

1000561.jpg

Day 91

   An aurora danced in the night sky. A wind from the Arctic Circle started blow. The seasons of Alaska have turned as turn over the leaves of a book.

   The pace of decrease of the water level remains slow as one inch a day, and the beach is still submerged. And, if I will start as it is, I will arrive the Bering Sea at end of September; A winter season will come.
   It should exceed a borderline between adventure and reckless.
   I decide to divide this leg in here Grayling village, and will revisit this village to paddle to the Bering Sea. Three months, 1,600 miles, the journey, as it were that I spent another life, ended with the summer, and then new season started now.

91日目

 オーロラが夜空に舞った。そして北極圏からの風が吹き始めた。紙芝居を一枚繰るように、アラスカの季節が入れ替わった。

 水位が下がるペースは、いぜん一日あたり2~3センチメートルと遅く、浜は水没したままだ。そして、この状態のまま出発したとしても、ベーリング海に着くのは九月の終わり。冬が訪れる。
 冒険と無謀の境界線を越えるだろう。
 ここグレイリング村でこのセクションを区切り、再度この村を訪れ海まで漕ぐことにした。 3ヶ月、2千6百キロメートル、別の人生を過ごしたような旅が、夏と共に終わり、新たな季節がいま始まった。

manDisplay the current location and the tracking map

Tuesday, August 30, 2016

Nice northerly wind

14725834784620.jpg

Day 90

   The water level is down phase from yesterday, but it is still a inch per day and its pace does not increase. I think that the slow pace of decrease is very natural, because almost all basin of the Yukon River is unrelated to concrete and a water sucked by the ground as a sponge should be gradually flowing out the river.

   Today, a nice northerly wind is blowing.

90日目

 水位は引き続き下降フェーズだが、まだ一日あたり2~3センチで、そのペースは上がらず。流域のほぼすべてがコンクリートとは無縁な土地なので、大地がスポンジのように吸い込み蓄えた水が徐々に川へと流れ出ているはずで、下降のペースが遅いのはとても自然なことなのだろう。

 今日はよても良い北風が吹いている。

manDisplay the current location and the tracking map

Monday, August 29, 2016

Warm-hearted people

14724469684840.jpg

Day 89

   During the days waiting for the water level to down, in Grayling village, many local people came to my tent, treated me and gave me foods. What warmhearted people they are...
   A half dried king salmon was extremely delicious, moose which was hunted just few hours ago and was cooked by bonfire by them for me was also so delicious, and strips of dry king salmon and potatoes of a kitchen garden were also so delicious.

   Finally the water level started to decrease a little.

89日目

 グレイリング村で水位が下がるのを待っている間に、村の人々が次から次へと僕のテントを尋ねてきて、何かと面倒を見てくれ、食料を持ってきてくれる。なんと心の温かい人々なのだろう・・・・・・
 脂が豊富にのった生乾きのキングサーモンは、驚くほどに美味しかった。僕の為に焚き火で焼いてくれた、数時間前に狩ったばかりのムースも、とても美味しかった。そして家庭菜園で作ったポテトも、これまた美味しかった。

 ついに水位は僅かだが下がり始めた。

manDisplay the current location and the tracking map

Sunday, August 28, 2016

Water level is sticking at high

14724217871500.jpg

Day 88

   The water level is sticking at the high.

   I am considering methods to start now paddling without waiting until the water level are going to down.

   Can I expect a beach for pitching the tent further from here? No. Because pebbles or sand or mud that was carried for a flooded season should make a beach, the beach should not appear above the water at the present moment flooded, mechaninally.
   Can I spend few nights on sand and gravel by landslide on a mountain surface along a shore? No. I can not have a good idea to pitch the tent on a thirties degree slope for few nights. Will I dig and level the ground? No. I am using a borrowed dome tent for three person, not a tent for single person. Moreover, according to my experience along this river so far, there should be not a margin space to pitch the tent above the water line of when the water will rise.
   Can I sleep on the kayak mooring at a shore? No. It will not become for escaping from waves, a wind and a rain. Moreover, a driftwood might hit me.
   There is a possibility that a creek has a beach. Will I paddle upstream and pitch the tent? No. A rapid stream by rising water should prevent me from paddling upstream.

   So far, it seems to have more possibility to wait for the water level to down.

88日目

 水位の上昇は止まった。

 水位が下がるのを待たずにいま出発するための方策を、色々と検討している。
 この先に、テントを張れる浜があることを期待できるだろうか?いや、増水時に運ばれてきた小石や砂や土が堆積して浜となるのだろうから、増水している今は物理的にないのだろうな。
 川岸にある、山肌が崩れた砂礫の上で、数日過ごせるだろうか?いや、30度の傾斜地にテントを張って数日過ごす方法を、思いつかない。整地する?いや、一人用のテントならともかく、今借りて使っているのは三人用のドームテントだ。それに、これまでの状況から判断するに、水位が上昇してもなお水面より高い場所にテントを張るべきだが、そのための余地はないだろう。
 カヤックを岸にロープで係留して、カヤックの上で寝る?いや、それでは波や風や雨からの待避にはならない。また流木がぶつかってくるだろう。
 支流ならば浜がある可能性がある。支流を遡ってテントを張る?いや、増水で流れは速いから、カヤックでは遡れないだろう。
 
 いまのところ、水位が下がるのを待つ方が、漕ぎ進める可能性としては高そうだ。

manDisplay the current location and the tracking map

Saturday, August 27, 2016

Elderly lady told

14723322556020.jpg

Day 87

   According to the village people, as I surmised, this water level of the river is same as the level of the spring thaw, which was usually the peak value of this river. The beach beside the village is submerged totally, which normally we could see in there.
   A elderly lady told me that, it was her first experience to see that the water rose to this level in this season, and she was surprised at this very unusual situation. Many people have worried about the climatic changes resulting from the global warming.

   Today also the water level is increasing a inch per day.

87日目

 村人から聞くところ、予想していたようにこの水位は、いつもならそれがピーク値であるはずの、春の雪解けによる水位と同じ高さだそうだ。いつもならばそこにあるはずの、村に面した浜がすっかり水没している。
 村のおばあさんの話によると、この時期にここまで水位が上がったのは生まれて初めての経験で、このとても異常な状況に驚いているという。地球温暖化がもたらす気候変動を、誰もが心配しているようだ。

 今日も引き続き水位は上昇し、一日で2~3センチメートル増えた。

manDisplay the current location and the tracking map

Friday, August 26, 2016

Rising river

14722463216110.jpg

Day 86

   Although the rain has stopped, the river is still continued swelling this morning. Surely it is not related to the weather of here, since the rain fallen on the area of Alaska and the area of Yukon Territory is gathering into here after few weeks traveling.
   In this extremely high water level a sleeping space and a space to evacuate from wave, wind and rain are all submerged, and first nation's fish camp are seems to be almost just nearby their villages. It is going to be just thoughtless gambling to paddle further in this situation, however I have considered many times. So I will wait until the volume of water is going to down, in the next village Grayling.

   As expected, while I was not being able to find any tiny place to pitch the tent, I have paddled for 39 miles and have arrived at Grayling.

   Total distance: 1,624 mi

86日目

 雨は止んだものの、川の水嵩は今朝もさらに増していた。アラスカ一帯とユーコン準州に降った雨が数週間かかってここまで流れてくるのだから、確かに現在地の天候にはかかわらない。
 この非常に高い水位では、寝場所も波と風雨からの待避場所も水没しており、また先住民のフィッシュキャンプは村の近くにしかないようなので、いくら検討してもこの先に進むのはたんなる無謀なギャンブルになる。次の村グレイリングで、水量が減るまで待つことにした。

 川面には無数の流木が浮いている。面白いことに、流木に囲まれながら流されていると、安らぐ心がかすかに感じられた。人間の本能とは面白いものだ。動きもしない流木に仲間を感じているのか、それとも流木に集まる魚のDNAをいまだに引きずっているのか。

 やはり増水した川岸にテントを一張りするわずかな場所さえ見あたらず、63キロメートルを漕ぎきってグレイリングに到着した。

 総距離: 2599キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Wednesday, August 24, 2016

Innumerable driftwoods

15595236-36c0-4ba5-bbeb-d70bf9a6fa31-1346124353.jpg

Day 85

Innumerable driftwoods are floating on the river. I threaded my way through driftwoods. I have never seen such a scene although I already have spent on this river for 3 months from June.
Those driftwoods are not a fresh driftwood which has just now fallen down from a shore and still has leaves, but are an aged driftwood for several years fading to black color. The driftwoods that had been washed up on a shore may have started to flow again. The peak of a water level of the Yukon River is at first June when thawing, but these driftwoods mean that the water level of now is exceeding of fist June?
Today also I did not come across a space where I can pitch the tent on both shores and islands. Tonight I have pulled up my kayak on somebody's fish camp.
Nuts, it is last only 400 miles to the sea...

Total distance: 1,585 mi

85日目

 川面に無数の流木が浮いている。流木の間を縫うように漕ぐ。6月からすでに3ヶ月間この川を漕いでいるが、こんな状況は初めてだ。
 ついさきほど岸から崩れ落ちた、まだ葉が付いた新鮮な流木ではなく、黒く変色した、数年は経過しているような流木だ。岸に打ち上げられていた流木が、再度流れ始めたのだろう。ユーコン川の水量のピークは雪解け時の6月頭のはずなのだが、今それすら越えた水位だということなのか?
 両岸にも島にも、やはりテントを張れるような場所は見あたらない。今夜は誰かのフィッシュキャンプに上陸させてもらった。
 海まであとたったの600キロメートルなのだがね。

 五日ほど降り続いた雨が止み、太陽が少し顔をのぞかせた。今日は滅多にない無風。風が吹けば川は荒れまくり修羅場となるが、風がなければ平穏なパラダイスだ。

 紅葉が始まっている。

総距離: 2,536キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Tuesday, August 23, 2016

The river is still rising

630ce21a-d0e7-4f44-b70e-e8a1fff773cf-1925779037.jpg

Day 84

The river is still rising, and it has increased 8 inches for last two days. Sounds of shores eroded and falling down a water like a cannon can be heard a few times in a single hour.
However a quantity of precipitation might be decreaseing.

It has rained a great deal this year, the river has risen, and most of shores that a tent can be pitched have been submerged. Since most of shores have been covered with driftwoods washed up along the edge of the water, the kayak has not been able to land there. In addition, from September, the storm season will start and the river will rise more then. It is impossible without stay in the tent on the shore to paddle and move forward on the river, so I am considering the second leg will end at next village Grayling.

I need more three days to paddle to the Grayling, so I have to find tenting possible shores somewhere and stay two nights. Therefore now I am considering the timing when I should leave here, whether the water level will increase or decrease while waiting.

84日目

 増水し続けており、この二日間で20センチメートルは水位が上がっている。何処かで川岸が削られ、水に崩れ落ちる大砲のような音が、一時間に数回ほど聞こえてくる。
 しかしながら降水量は減ってきたようだ。

 今年は雨がとても多く、川は増水し、テントを張れる岸は多くが水没している。岸には増水で流された木が打ち寄せられ、水際が覆われていることが多く、そこにカヤックを接岸することはできない。9月からはストームのシーズンとなり、その時はさらに水位が増すだろう。上陸してテントを張ることができなければ、川を漕ぎ移動することは不可能なので、第二セクションは次の村となるグレイリングで終えようかと検討している。

 グレイリングまではあと三日かかるので、テントを張れる岸を見つけて二泊する必要がある。どのタイミングでいま天候待ちをしている岸を離れて出発するべきか、待てば水位が下がるのか、それても上がるのか、状況を検討している。

manDisplay the current location and the tracking map