RYOTA YAMADA

Friday, September 26, 2014

牛は何を思う

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=31
accum. distance [Km]: 53.0

吹きっさらしの早朝の牧草地は、風が寒かった。

そんな厳しいとき、未来のこと、つまりこの先に待ち受けている町のことや、遠く離
れていること、つまりここからは地理的に遠い友人のことなどを、ふと考えていて、
寒さを忘れていたりする。

牛や馬は何を思うのだろう。未来を想像する機能は人間特有ならば、今その場の草の
味や風の冷たさを意識し続けるのか。

気をそらすより集中するのが、体を環境に合わせる秘訣なのかもしれぬ。

No comments:

Post a Comment